☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年11月29日

『水原秋櫻子全集』第20巻

古典研究1という内容になっていて、与謝蕪村の句が季節に分類されて鑑賞されている。知らない句がほとんどであるが、春の句に、「よき人を宿す小家や朧月」というのがあった。選者である秋櫻子は、ありふれた句として高い評価を与えていない。一昨年から、離れを作って一人暮らしが始まった。と言っても子供や、元飼い猫も訪ねて来るので、庵にもなっていない。来客用の和室があって、いつも使わないでいる。何人か泊まっていただいている。春の来客ならこの句がぴったりなのだが。
旅をした中でできた句がある「長旅の果ては朧月夜なり」


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「子規句集」より(氷)
「子規句集」より(大三十日)
「子規句集」より(紫苑)
「子規句集」より(蘆)
「子規句集」より(鹿)
「子規句集」より(秋高し)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「子規句集」より(氷) (2019-12-05 11:07)
 「子規句集」より(大三十日) (2019-12-04 07:25)
 「子規句集」より(掛稲) (2019-12-03 09:37)
 「子規句集」より(紫苑) (2019-12-02 09:23)
 「子規句集」より(蘆) (2019-12-01 10:30)
 「子規句集」より(落葉) (2019-11-30 09:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『水原秋櫻子全集』第20巻
    コメント(0)