☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2017年12月16日

下山の風景

 五木寛之の『孤独のすすめ』の中に「下山の醍醐味」という章があった。新鮮な響きを感じた。一休さんではないが、『わけ昇る麓の道は異となれど同じ高嶺の月を見るかな」と思い、人生は上り詰める旅だと思っていた。肉体は、衰えるのだが、心のようなものは向上するかとも今も思っている。特に「情」の働きは。私事になるが、40代後半から旅日記を書くようになった。振り返って読んでみると懐かしい。その時の心情が髣髴されてくるからだ。年寄りの特権として思い出が沢山出来るといった、友人の心理学者の言葉は若いときに聞いているが当たっている。下山の風景がそれであろう。頂上には、至っていなくても、かなり標高が高いところに来ている。足元に注意しながら、天候にも気をつけて、下山の風景を楽しみたいと思う。一緒に下山してくれる人がいたら最高だろう。男女問わずである。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石俳句集」より
「子規句集」より(葡萄・辞世の句)
「子規句集」より(涼し)
「子規句集」より(雪)
「子規句集」より(霜)
「子規句集」より(土筆)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(東風) (2020-02-21 09:33)
 「漱石句集」より(子規) (2020-02-20 09:34)
 「漱石俳句集」より (2020-02-19 09:02)
 「子規句集」より(葡萄・辞世の句) (2020-02-18 09:34)
 「子規句集」より(秋) (2020-02-17 09:10)
 「子規句集」より(涼し) (2020-02-16 08:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
下山の風景
    コメント(0)