☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2018年01月02日

アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より)

塩野七生は、『ローマ人の物語』を、長らくライフワークにして書いてきたが、ここ数年は、『ギリシア人の物語』を年に一度のペースで書いている。3年目である。どうも、あとがきらしいエッセイを読むと、歴史大作はこれで終了という感じである。『ローマ人の物語』からの読者からすると、最後は、物足りない感じがする。一人の若者の英雄伝になっている。33歳という年齢で、これだけの大征服を成し遂げたことは、世界史の軌跡に違いない。都市国家ギリシアが衰退した後に、同じギリシアであるが、マケドニアという小国、しかも王国から20歳のアレキサンダーは、東征を開始したのである。父親が基礎を築いたとはいえ、兵力も財力も十分であったわけではない。歴史のブラックホールという感じがする。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「子規句集」より(蚊遣)
「子規句集」より(鳰)
「子規句集」より(氷柱)
「子規句集」より(氷)
「子規句集」より(大三十日)
「子規句集」より(紫苑)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「子規句集」より(蚊遣) (2019-12-10 08:43)
 「子規句集」より(落葉) (2019-12-09 09:37)
 「子規句集」より(冬の蠅) (2019-12-08 08:48)
 「子規句集」より(鳰) (2019-12-07 09:47)
 「子規句集」より(氷柱) (2019-12-06 09:27)
 「子規句集」より(氷) (2019-12-05 11:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より)
    コメント(0)