☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2018年01月04日

アレキサンダーの征服領地の広さの秘密

20歳から、父親の暗殺と言う悲劇から、マケドニアの王位につき、10数年でインドの一部領域、エジプトを含め、ローマ帝国も為しえなかった東方の征服ができたのは、奇跡と言って良いのだが、統率した精鋭部隊の実力と、アレキサンダーのリーダーシップ。いわゆる、日本式に言えば「我は諸子の先頭にあり」という戦い方。そのために、何度も傷ついて命拾いをする。そのアレキサンダーを守る親衛隊が優秀だった。ペルシャの大軍に何度も勝てたのは、ペルシャ王が今川義元のような御仁と言ったら言い過ぎかもしれないが、決断の無さと、勇気の無さに助けられる。そして、ペルシャの内政をまかされた地方官をそのままとりこんだこと。但し、税収や軍事は任せなかった。それと、もっとも賢明だったのは宗教に寛容だったことであった。本国の政治を負かされた、父親世代の忠臣がいたことも見落とすことはできない。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
アレキサンダーの征服領地の広さの秘密
    コメント(0)