☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2018年01月23日

晴耕雨読



この四字熟語の由来を調べてみた。先ずは、辞書である。「晴れた日は、田畑を耕し、雨の日は、家にこもり読書をする。悠々自適な生活をすること。」だいたいこんな説明である。肉体的にも、精神的にも理想的な生活に思える。古事によると、三国志で有名な諸葛孔明がこんな生活をしていたらしい。軍師として活躍する前の話である。他に、どんな人物が晴耕雨読の日々を送ったのだろうか。陶淵明が知られているらしい。最近では、細川元首相が世に紹介されている。私も、輪郭は、晴耕雨読で行きたいが、その中身は未知である。宮仕えを終えるのは近い。前から準備してきたつもりが、間近に迫って不安になってきたが、複数の友人、知己から励ましの言葉を頂いた。その中でも、晴耕雨読の羨ましい生活というのが大半だが、「そうなさい」というのがすっきりしている。
歸去來兮       歸去來兮(かへりなん いざ)
 田園將蕪胡不歸  田園 將に蕪れなんとす 胡(なん)ぞ歸らざる



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 岡潔シンポジウム (2019-03-21 09:48)
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
晴耕雨読
    コメント(0)