☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2018年02月05日

家屋点検

母屋の隣地に、隠居部屋(?)を造って、2年近くなる。半分別荘のようと言えば贅沢に聞こえるが、定年退職後の一人住まいの場所のようなものである。実質は、「たった一人の老人ホーム」のようなものである。一番大事にしたのは、寝室である。安眠できることが何よりの健康のもと。トイレも近くにした。和室は、来客用だが、時たまは気分転換で寝室になる。広縁があって読書室にもなる。周囲が農園で、高台にあり環境的には申し分ない老後の住まいになっている。
孤独感がないと言えば、慣れればなんとかなるものである。晴耕雨読と言いたいが、最近は不思議と読書欲がない。テレビも好きなほうでないからやることに窮する。そんな時、家を設計してくれた設計士さんが訪問してくれた。何か不具合がないか、1年を過ぎても心配してくれる。事務所もさいたま市にあり遠方からの訪問になる。感謝の何物でもない。しかも、快適な家になっている。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
俳句自選(夏木立)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)
 年賀の俳句 (2019-08-19 08:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
家屋点検
    コメント(0)