☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年01月20日

俳句鑑賞

 丘の上にある我が家からは、榛名山が連なっているのが見える。日常目にしているがなかなか句にならなかった。春になると、麓から若葉が頂きを目指し、やがて靑山になる。山が若葉になった時、「山笑う」という季語があるが、この場合、「萌える」を使い
    頂きを目指し木の葉の萌え出づる
としたが写生文のようで深みがない。
  季節が夏を過ぎると、頂から紅葉が始まる。秋の季語で「山粧う」がある。
    麓にも紅く装う峰の使者
装う峰で季語としているが、問題ないか自信がない。麓でもまばらに紅葉する木があっって、麓の紅葉の先駆けになっている。それは、頂からの使者だと感じたのである。この句のほうが、ロマンチックな感じするが、技巧的匂いがしなくもない。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「子規句集」より(氷)
「子規句集」より(大三十日)
「子規句集」より(紫苑)
「子規句集」より(蘆)
「子規句集」より(鹿)
「子規句集」より(秋高し)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「子規句集」より(氷) (2019-12-05 11:07)
 「子規句集」より(大三十日) (2019-12-04 07:25)
 「子規句集」より(掛稲) (2019-12-03 09:37)
 「子規句集」より(紫苑) (2019-12-02 09:23)
 「子規句集」より(蘆) (2019-12-01 10:30)
 「子規句集」より(落葉) (2019-11-30 09:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句鑑賞
    コメント(0)