☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年01月22日

昭和は遠くなりにけり

  今年の5月から新たな元号になる。昭和から平成を経て30年。決して短い年月ではない。筆者は、戦後間もない昭和の生まれである。昭和の産物は、レトロな感じがする。草田男の句に「降る雪や明治は遠くなりにけり」がある。昭和は、遠くなりけりというのは、実感である。20代に、明日香を散策したことがる。
    石舞台あたり昭和の緑あり
という句を創った。爽やかに晴れた日だったことを覚えている。石舞台は、蘇我馬子の墓という伝承がある。平成の文字が入った句もある。40代に九州の友人と佐賀を旅した時の句である。
    吉野ヶ里平成の世を秋津飛ぶ
この日も爽やかな秋空だった。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
俳句自選(夏木立)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)
 年賀の俳句 (2019-08-19 08:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
昭和は遠くなりにけり
    コメント(0)