☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年01月28日

俳句かるた

  長男が幼稚園に入った頃、俳句歌留多を買った。幼児教育だという訳ではないが、生き物に対する関心や思いやりを持ってもらいたいと思う親心からである。今その歌留多は我が家にはない。あまり、子供には興味がなかったと見え、遊んだ記憶も薄い。動物の出てくる俳句を集めたもので、小林一茶の句が多かった。
   雀の子そこのけそこのけ御馬が通る
   痩蛙まけるな一茶ここに有
   我と来てあそべや親のない雀
他にも採用された句があったような気がする。
   青蛙おまえもペンキぬりたてか  芥川龍之介
   しんしんと雪降る空に鳶の声   川端茅舎
   ひっぱれる絲まつすぐや甲蟲  高野素十
など思い出せるが古今の名句が載っていた。長男に子供が生まれ、俳句歌留多はどうかと思った。お嫁さんを味方にしないと長男のにのまえになりそうだ。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)
 俳句自解(月) (2019-02-12 12:56)
 堺屋太一さん逝去 (2019-02-11 12:46)
 「俳句の心」山口誓子著 毎日新聞社 (2019-02-06 14:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句かるた
    コメント(0)