☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年01月29日

ミレーの絵

 

 ミレーの絵は、敬虔な感じがするとともに慕情がある。ミレー展に巡り会えないので、原画を見たのは山梨県立美術館だけである。「落ち穂拾い」という絵は有名である。幼い時の記憶になったが、落ち穂拾いをした経験がある。小麦ではなく、稲穂である。稲刈りが終わると、刈った稲を並べて乾燥させ、それを丸めて脱穀をするのである。子供は親に言われるままに、拾い忘れた稲穂をあつめるのである。だんだん日が暮れて作業も終わる。蕪村の句に
      落ち穂拾い日の当たる方に歩みゆく
というのがあるが言い得て妙だと思う。
東北新幹線に乗って北に移動した時に、稲藁が棒に駆けられて乾燥している風景を目にした。次の句などは、そのさまを良く捉えている。
      藁塚に一つの強き棒挿され  平畑静塔
今は機械で刈って籾にするので落ち穂拾いという習慣は少なくなった


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)
 俳句自解(月) (2019-02-12 12:56)
 堺屋太一さん逝去 (2019-02-11 12:46)
 「俳句の心」山口誓子著 毎日新聞社 (2019-02-06 14:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ミレーの絵
    コメント(0)