☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年02月03日

故小渕恵三元首相のこと

橋本五郎著「宿命に生き宿命に挑む」は、故小渕恵三首相の政治家としての信条とした「宿命に生き宿命に挑み使命に燃える」からとっている。病に倒れたが、沖縄でサミット開催を周囲の反対を押し切った、自分意見を通すことの少ない、調整型の政治家には珍しい決断だった。しかし、本人は出席することなく他界したが、サミットは実現した。小渕首相は、群馬選挙区では、福田赳夫、中曽根康弘の後塵を拝していた。本人も「ビルの谷間のラーメン屋」と自嘲した言葉が思い出される。小渕恵三首相から直接電話をもらったことがある。「小渕ですが・・・・」という声で、首相であることがわかった。まめに電話する人だと聞いていたが、流石に驚いた。時の経つのは早い。故人との電話のことが思い出された。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)
 俳句自解(月) (2019-02-12 12:56)
 堺屋太一さん逝去 (2019-02-11 12:46)
 「俳句の心」山口誓子著 毎日新聞社 (2019-02-06 14:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
故小渕恵三元首相のこと
    コメント(0)