☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年02月11日

堺屋太一さん逝去

今日の毎日新聞の一面に、堺屋太一さんの死去が載っていた。通産官僚から、作家、評論家、さらには請われて経済企画著長官になったマルチな人物であっった、テレビの出演も多く、ソフトな語りの中に、的を得て批評は、惹きつけられるものがあった。最近は、テレビで見かけることがなくなったが、橋本大阪知事の都構想の知恵袋になっていたという記事も目にしたことがあった。
 作家としての堺屋太一さんの書は愛読書になっていた。『耶律楚材』、『豊臣秀長』などは、人物評がよく描かれていたし、経済的感覚も無視していない。成吉思汗や豊臣秀吉の英雄の影に隠れ、支えた二人は堺屋太一さんに重なってくる。博識で、アイデアマン、企画力持った貴重な人物であった。83歳の死は、少し早かった。最後まで、頭脳明晰だったのではないか。ご冥福を祈りたい。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)
 俳句自解(月) (2019-02-12 12:56)
 「俳句の心」山口誓子著 毎日新聞社 (2019-02-06 14:52)
 故小渕恵三元首相のこと (2019-02-03 19:57)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
堺屋太一さん逝去
    コメント(0)