☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年02月15日

夏目漱石の俳句

 夏目漱石は、『吾輩は猫である』の小説で知られる文豪であるが、俳句も数多く作っている。友人の正岡子規の影響だと言われている。小説を本業とする前に多くの句を作り、子規が生存中には指導を求めた。漱石は、五高の教師となり、熊本に住んだことがある。街中を歩いていたら
     すずしさや裏は鉦うつ光淋寺  漱石
と書かれた碑を目にした。俳人飯田龍太によると(『俳句の魅力』角川書店)、漱石の句に佳句はあっても秀句はないと手厳しい。俳句は、あくまで余技だった言っている。しかし、漱石らしい句は微笑ましいものもある。
     某は案山子にて候雀殿
     肩に来て人なつかしや赤蜻蛉
猫の句もある
     行年や猫うずくまる膝の上
個人的に好き句は
     菫程なちいさき人に生まれたし


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
夏目漱石の俳句
    コメント(0)