☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年02月19日

俳句自選(外国で創った俳句)

俳句は、五七五の文字を基本にして、季節感表す季語をいれて、日本の自然の豊かさ、日本人が長い間に築いた文化を詠むものだと思っている。そうであるから、俳句に親しんだ同士に作者の意図、心が通じるのだと思う。友人が作る俳句など尚更わかりやすい。心の働きの中で情は大切で、喜怒哀楽を抑制すればするほど伝わりやすい。
 海外に出ても俳句は作れるもので
     韓寺に悲話あり秋の雨しとど
 韓国の仏国寺を訪問した時の句。豊臣秀吉の朝鮮出兵は、今も語り続けられている。ガイドさんに悲話を聞いたのだが、涙雨のように秋雨を感じたのである。次の句は、中国の西安を訪ねた時の句である。季節はこちらも秋だった。
     始皇陵平原けむり秋の風
小高い始皇陵の頂上まで登り平原を見たのである。はるか昔のことのように視界は悪いが、秋風が吹いていた。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
俳句自選(夏木立)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)
 年賀の俳句 (2019-08-19 08:24)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(外国で創った俳句)
    コメント(0)