☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年02月19日

俳句自選(外国で創った俳句)

俳句は、五七五の文字を基本にして、季節感表す季語をいれて、日本の自然の豊かさ、日本人が長い間に築いた文化を詠むものだと思っている。そうであるから、俳句に親しんだ同士に作者の意図、心が通じるのだと思う。友人が作る俳句など尚更わかりやすい。心の働きの中で情は大切で、喜怒哀楽を抑制すればするほど伝わりやすい。
 海外に出ても俳句は作れるもので
     韓寺に悲話あり秋の雨しとど
 韓国の仏国寺を訪問した時の句。豊臣秀吉の朝鮮出兵は、今も語り続けられている。ガイドさんに悲話を聞いたのだが、涙雨のように秋雨を感じたのである。次の句は、中国の西安を訪ねた時の句である。季節はこちらも秋だった。
     始皇陵平原けむり秋の風
小高い始皇陵の頂上まで登り平原を見たのである。はるか昔のことのように視界は悪いが、秋風が吹いていた。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(外国で創った俳句)
    コメント(0)