☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年02月21日

俳句自選(頬の色)

 句帳をめくっていたら頬の色を詠んだ句が二句があった。前の句は、鶴岡八幡宮の蓮池の端に中学生くらいの剣道部の少年がいた。池の蓮の色と少年の頬の色が重なった。
      蓮の花少年剣士の頬の色
 後の句は、福井県の永平寺のスケッチである。修行僧の頬の色がひげを綺麗にしてあるだけでなく、精進料理を食べているからなのかと想像する程、俗人のそれと違っていた。山桜も印象的だった。
      僧の頬透きとおるかに山桜


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(頬の色)
    コメント(0)