☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年03月02日

俳句自選(流星)

  流星は、どの季節でも見られると思うが、秋の季語になっている。獅子座流星群はどの季節だったのだろうか。次の句は、当たり前すぎて公表するのに気が引けるが、素直な、幼児の驚きとして許してもらいたい。
        流れ星不動の星の多きこと
  流れ星の一つだが、ハレー彗星は別格である。何億光年前の光ではないが、やはりわずかでも今の瞬間の光ではない。ちょうど梅の咲いている時期で、その香りがした。梅の匂いはどこか懐かしさがある。過去世というのも大げさだが。
        梅の香や過去世の光箒星


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(星月夜) (2019-02-28 14:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(流星)
    コメント(0)