☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年03月09日

俳句鑑賞(水原秋櫻子選)

梅の花が咲き始め、春到来という季節になった。田畑の土も春雨に湿って、日に照らされているのを見ると春の気分になる。
   春の土人の情緒に触れてくる
という句を作ったことがあるが、歳時記を見て赤面した。春の土という季語がそう意味なのである。感性は正しいが、季語を説明したのでは俳句にならない。水原秋櫻子が、『俳句のつくり方』で最初に解説している句は
   かたまって薄き光の菫かな     渡辺水巴
芭蕉が山路で目にしたのも薄き菫だった。なにやらゆかしという感慨を述べているが、上句は近代俳句の写生句である。かたまって咲く菫に薄き光と表現したところが春らしさを感じさせる。どちらも名句だと思う。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句鑑賞(水原秋櫻子選)
    コメント(0)