☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年04月08日

俳句自選(牡丹雪)

  梅の花も咲き終わって、桜の時期になった。花冷えという季語もあるが雪になることもある。牡丹雪は、春の季語である。春の雪なのだが、羽毛のように雪が重なりすぐ溶けてしまう。
   舗道には淡雪のあとかたもなき   彷徨子
淡雪も牡丹雪といっても良い。舗道に積もらず消えるところが淡雪である。
結構積もることもあるが日が指してくると溶けるのも早い。牡丹雪は降り続いているが、薄日がさしてきた。
   薄光に泳ぐ雲あり牡丹雪


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
『高浜虚子句集』より(浮葉)
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『高浜虚子句集』より(浮葉) (2021-03-26 07:07)
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(牡丹雪)
    コメント(0)