☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年05月13日

我が家の庭の一風景

 三年前に家を新築し、和室のある北側に芍薬を植えた。
成長が遅く今年になって花芽をつけた。
昨年の秋に、牡丹がアヤメの影に隠れているのを見て、芍薬の横に植えた。
親戚のような花だから違和感がないというだけでなく花を咲かしている。
和室から見るさまは、様になっている。
ふと物足りさを感じた百合の花がない。
 立てば芍薬座れば牡丹歩く姿は百合の花。
我が家にこんな人はいない。百合は、一緒に咲いてくれないかもしれないが、植えてみたい。
話の種になる。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
『高浜虚子句集』より(浮葉)
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『高浜虚子句集』より(浮葉) (2021-03-26 07:07)
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
我が家の庭の一風景
    コメント(0)