☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年06月22日

俳句自選(青葉・鯉のぼり)

俳句自選(青葉・鯉のぼり)

長崎は、原爆の悲劇を思い浮かべるが、風光明媚で史跡もあり3度訪ねている。
彫刻家の北村西望の作品は、爆心地に近く威厳があった。
    四季を座す今は青葉の平和像
近くには、浦上の聖人と言われた永井隆博士の如己堂や、浦上天主堂がある。
藤山一郎が唄った歌謡曲「長崎の鐘」を小声で歌いながら散策した。
青空を見上げながら涙が頬を伝わって落ちた。
亀山社中に両馬を訪ねた。今はもう取り壊されてない。
風頭公園という高台に、竜馬の像があって長崎の港を見つめている。
近くに鯉のぼりが泳いでいた。
    鯉のぼり竜馬の像と海を見る


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
『高浜虚子句集』より(浮葉)
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『高浜虚子句集』より(浮葉) (2021-03-26 07:07)
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(青葉・鯉のぼり)
    コメント(0)