☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年06月30日

俳句自選(我が家の夏椿)

 俳句自選(我が家の夏椿)

 夏椿の句は以前にも紹介した。我家の庭は芝生になっていて中央に夏椿が植わっている。ベランダに腰掛けて読書をしていると、ぽと、ぽとと夏椿の花が落ちる。芝を刈った後なので、落ちる花がとりわけ目に入る。翌日、夏椿の根元を見ると、夏椿の花が装うように散っている。儚く散るからこその慰めのような気がした。
    
    夏椿己が根元を飾りおり


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
『高浜虚子句集』より(浮葉)
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『高浜虚子句集』より(浮葉) (2021-03-26 07:07)
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(我が家の夏椿)
    コメント(0)