☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年07月03日

俳句自選(緑陰)

鎌倉といえば鶴岡八幡宮に参拝するのがお決まりである。
創建の頃からの銀杏の木が倒れたのは、残念だが新しく銀杏の木が植えられたが、どれほど成長したか見ていない。
友人数人と鎌倉に行ったのは古い銀杏があった時だから10年以上前のことである。
鎌倉幕府が倒れ、室町幕府に移る間に、南北朝の時代があった。
足利尊氏に対し後醍醐天皇が対立した。
天皇の御子に護良親王がいる。
征夷大将軍となって足利軍と戦いに破れ、洞窟のような場所に幽閉され、命を落とされた。
     緑陰に洞なお暗し鎌倉宮
鎌倉宮は明治天皇が創建した。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
『高浜虚子句集』より(浮葉)
俳句自選(金木犀)
俳句自選(秋明菊)
「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠)
俳句自選(百日紅)
俳句自薦(蜻蛉)
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『高浜虚子句集』より(浮葉) (2021-03-26 07:07)
 俳句自選(金木犀) (2019-09-29 11:25)
 俳句自選(秋明菊) (2019-09-26 09:10)
 「近代の秀句」水原秋櫻子より(鮠) (2019-09-08 15:09)
 俳句自選(百日紅) (2019-09-02 14:32)
 俳句自薦(蜻蛉) (2019-09-01 18:06)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
俳句自選(緑陰)
    コメント(0)