☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年09月12日

「近代の秀句」水原秋櫻子より(蓬)

 「近代の秀句」水原秋櫻子より(蓬)

 畑など耕作地を長く放置すると蓬がはびこって大変である。
耕作し栽培するのには厄介な草である。そんな蓬でも役にたつことがある。
今はあまり見かけないが蓬を乾燥してお灸に使う。
それよりも餅に混ぜて突いた蓬餅である。
草餅ともいう。
甘いものは控えているが、草餅だけには目がない。
蓬摘みの句がないか調べていたら、高野素十の句があった。
     
     ひざまづき蓬の中に摘みにけり
「近代の秀句」水原秋櫻子より(蓬)

一面に蓬が群生している場所を見つけたのである。
しばらくは目を凝らして蓬を見つけては摘んでいたが、今いる場所はひざまづいて摘むことができる。
楽園に来た気分であろう。
蓬を詠んだ句には芭蕉の
     春雨や蓬を伸ばす草の道
があるが、季語は春雨である。
この句を評して数学者の岡潔は、百年の春雨をみるようだと言った


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
『芥川竜之介俳句集』より(
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)
 『芥川竜之介俳句集』より( (2021-04-14 08:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「近代の秀句」水原秋櫻子より(蓬)
    コメント(0)