☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年09月14日

(近代の秀句)水原秋桜子(夏の芝)

(近代の秀句)水原秋桜子(夏の芝)

 ゴルフ場や野球場などの芝はよく手入れがされていて綺麗である。
民家の庭にも芝が使われている。
たいがいが高麗芝だが、雑草がはびこって管理が難しい。
我が家も芝を庭に植えているが、芝を刈り込むことで雑草を抜くことはしない。
土を草で覆うことができれば良いと思っている。
足立美術館の芝は、見事だった。
庭には、様々な来訪者がある。
野良猫が日光浴をしていたり、次の句のように鳥の到来もある。
刹那的な瞬間を捉えて微笑ましい。
     並び歩く鳩と雀や夏の芝
上5句が6字になっているのは問題ない。
並び歩くというところが作者言わんとするところである。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
『芥川竜之介俳句集』より(
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)
 『芥川竜之介俳句集』より( (2021-04-14 08:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
(近代の秀句)水原秋桜子(夏の芝)
    コメント(0)