☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年09月22日

(近代の秀句)水原秋桜子より(鰯雲) 

(近代の秀句)水原秋桜子より(鰯雲) 

  鰯雲は、秋空にかかる代表的な雲である。
この雲をを見上げて秋だなあと思う。
この雲が現れると鰯が取れると漁師は信じている。
名前の由来もここから出ている。
鰯雲は長く空を覆い長く消えないでいることが多い。
夜でも月明かりで見える。そして次のような句ができたのである。

    鰯雲昼のままなる良夜かな

美しい描写である。
私などは夕焼けに映えた鰯雲が好きである。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
『芥川竜之介俳句集』より(
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)
 『芥川竜之介俳句集』より( (2021-04-14 08:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
(近代の秀句)水原秋桜子より(鰯雲) 
    コメント(0)