☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年09月28日

(近代の秀句)水原秋桜子より(秋の日)

 (近代の秀句)水原秋桜子より(秋の日)

  全山に秋日が隈なく当たり、明るく澄んだ景色である。谷の方に目をやると橋がかかっている。人が何とか渡れるほどの吊橋である。人影は見えないが、一匹の猫が、しっぽを立てて渡って行く。あどけない感じがする。
     
    秋の日や猫渡り居る谷の橋
 
  猫は、どこから来たのかわからないが、渡りきるまで見ている。自然と谷あいの秋日に照らされた景色が目に入る。もしも犬だったらどうだったろうか。橋の上が嫌いな犬が多いのではないだろうか。昔飼っていた犬は、繋がれているロープを引っぱって嫌がった。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
『芥川竜之介俳句集』より(
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)
 『芥川竜之介俳句集』より( (2021-04-14 08:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
(近代の秀句)水原秋桜子より(秋の日)
    コメント(0)