☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2019年12月04日

「子規句集」より(大三十日)

前書きに「漱石虚子来る」

             漱石が来て虚子が来て大三十日
上五句が七文字になっているのはまだしも、前書きに書かれている内容だ。
大三十日に二人が来てくれるが余程嬉しかったのだろう。
漱石は同年の友人、虚子は郷土の後輩。
虚子の俳号の名付け親は子規である。
虚子の本名は高浜清である。
キヨシがキョシが良かろう。
本人も断るわけにもいかない。
満更でもなかったようだ。
その経緯は、虚子が自書に書いている。さて漱石だが
前書きに「漱石来たるべき約あり」
「子規句集」より(大三十日)

             梅活けて君待つ庵の大三十日
虚子さてどんな気持ちだったろう。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石俳句集」より
「子規句集」より(葡萄・辞世の句)
「子規句集」より(涼し)
「子規句集」より(雪)
「子規句集」より(霜)
「子規句集」より(土筆)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(ほとぎす) (2020-02-22 08:50)
 「漱石句集」より(東風) (2020-02-21 09:33)
 「漱石句集」より(子規) (2020-02-20 09:34)
 「漱石俳句集」より (2020-02-19 09:02)
 「子規句集」より(葡萄・辞世の句) (2020-02-18 09:34)
 「子規句集」より(秋) (2020-02-17 09:10)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「子規句集」より(大三十日)
    コメント(0)