☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2020年02月14日

「子規句集」より(春)

             春惜しむ一日画をかき詩を作る

前書きに「幼児稽古画帖」とある。
ちいさな子供が絵を描くようなノートである。
ひねもす画や詩を書くことに熱中し、体の痛みを忘れるようにした。
本来なら春の雰囲気を味わいたかったと思う。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
「漱石句集」より(白梅)
「漱石句集」より(梅)
「漱石句集」より(初暦)
「漱石句集」より(藤の花)
「漱石句集」より(春の水)
「漱石句集」より(行く年)
同じカテゴリー(書評)の記事
 「漱石句集」より(白梅) (2020-03-30 07:09)
 「漱石句集」より(梅) (2020-03-29 11:43)
 「漱石句集」より(餅搗) (2020-03-28 10:22)
 「漱石句集」より(吹雪) (2020-03-27 09:05)
 「漱石句集」より(冬の川) (2020-03-26 08:33)
 「漱石句集」より(初暦) (2020-03-25 09:41)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「子規句集」より(春)
    コメント(0)