☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2020年06月29日

「漱石句集」より(一葉)

           雲を洩る日ざしも薄き一葉哉

桐の葉が地に落ちる。
そこに雲から漏れた日ざしがさす。
秋だなあという気がしてくる。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(麦の穂)
『高浜虚子句集』より(掛稲)
『高浜虚子句集』より(無月)
「高浜虚子句集』より(極署)
『高浜虚子句集』より(萩)
『高浜虚子句集』より(朧夜)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(麦の穂) (2020-09-30 08:12)
 『高浜虚子句集』より(春寒し) (2020-09-29 08:40)
 『高浜虚子句集』より(日向ぼこ) (2020-09-28 08:44)
 『高浜虚子句集』より(風花) (2020-09-27 08:47)
 『高浜虚子句集』より(初詣) (2020-09-26 08:34)
 『高浜虚子句集』より(掛稲) (2020-09-25 17:35)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「漱石句集」より(一葉)
    コメント(0)