☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2020年07月30日

『高浜虚子句集』より(早苗)

            早苗取る手許の水の小揺れかな
『高浜虚子句集』より(早苗)

田植えの季節になった。
苗も植えるのにちょうど良いくらいになったので早苗取が始まった。
その人の手元を見ると水が震えている。
苗の土を落としているのである。
細やかな観察である。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(掛稲)
『高浜虚子句集』より(無月)
「高浜虚子句集』より(極署)
『高浜虚子句集』より(萩)
『高浜虚子句集』より(朧夜)
『高浜虚子句集』より(冬日和)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(春寒し) (2020-09-29 08:40)
 『高浜虚子句集』より(日向ぼこ) (2020-09-28 08:44)
 『高浜虚子句集』より(風花) (2020-09-27 08:47)
 『高浜虚子句集』より(初詣) (2020-09-26 08:34)
 『高浜虚子句集』より(掛稲) (2020-09-25 17:35)
 『高浜虚子句集』より(落葉掃) (2020-09-25 09:01)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『高浜虚子句集』より(早苗)
    コメント(0)