☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2021年02月16日

『高浜虚子句集』より(暮れの秋)

                  船に乗れば陸情あり暮れの秋

暮れの秋という季語が絶妙で深みがある。
秋の暮とは違う。
こちらは、秋のその日の暮れることである。
船に乗り水上の人になると、何か陸に寄せる感情がわいてくる。
しかも、暮れの秋で冬も近い。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(団扇)
『高浜虚子句集』より(麦踏)
『高浜虚子句集』より(冬の山)
『高浜虚子句集』より(棕櫚の花)
『高浜虚子句集』より(早苗)
『高浜虚子句集』より(牡丹)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(団扇) (2021-02-24 08:04)
 『高浜虚子句集』より(競べ馬) (2021-02-23 08:01)
 『高浜虚子句集』より(春寒) (2021-02-22 08:01)
 『高浜虚子句集』より(麦踏) (2021-02-21 08:21)
 『高浜虚子句集』より(冬の山) (2021-02-20 08:25)
 『高浜虚子句集』より(棕櫚の花) (2021-02-19 08:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『高浜虚子句集』より(暮れの秋)
    コメント(0)