☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2021年02月21日

『高浜虚子句集』より(麦踏)

                 麦踏んで若き我あり人や知る
『高浜虚子句集』より(麦踏)

麦踏というのは意味がある。
霜で麦の根が浮いて枯れてしまうのである。
私だって経験があると虚子は言う。
句会に出ていた人からは、体験がないと思われていると思った。
筆者にも麦踏の句がある。

この年はみ旨のままに麦を踏む


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『高浜虚子句集』より(団扇)
『高浜虚子句集』より(冬の山)
『高浜虚子句集』より(棕櫚の花)
『高浜虚子句集』より(早苗)
『高浜虚子句集』より(牡丹)
『高浜虚子句集』より(胡瓜)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『高浜虚子句集』より(団扇) (2021-02-24 08:04)
 『高浜虚子句集』より(競べ馬) (2021-02-23 08:01)
 『高浜虚子句集』より(春寒) (2021-02-22 08:01)
 『高浜虚子句集』より(冬の山) (2021-02-20 08:25)
 『高浜虚子句集』より(棕櫚の花) (2021-02-19 08:40)
 『高浜虚子句集』より(早苗) (2021-02-18 08:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『高浜虚子句集』より(麦踏)
    コメント(0)