☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2021年03月24日

『高浜虚子句集』より(独楽)

たとふれば独楽のはじける如くなり
『高浜虚子句集』より(独楽)

虚子と友人の河東碧梧桐の間に論争があった。
虚子が五七五の定型を主張したのに対し、河東碧梧桐は自由律を主張した。
その論争が独楽がはじけるようだと譬えたのである。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『芥川竜之介俳句集』より(凩)
『芥川竜之介俳句集』より(夜長)
『芥川竜之介俳句集』より(霧)
『芥川竜之介俳句集』より(野分)
『芥川竜之介俳句集』より(菊)
『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『芥川竜之介俳句集』より(凩) (2021-04-19 07:36)
 『芥川竜之介俳句集』より(夜長) (2021-04-18 15:27)
 『芥川竜之介俳句集』より(霧) (2021-04-18 07:33)
 『芥川竜之介俳句集』より(野分) (2021-04-17 08:04)
 『芥川竜之介俳句集』より(菊) (2021-04-16 08:20)
 『芥川竜之介俳句集』より(麦刈り) (2021-04-15 07:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『高浜虚子句集』より(独楽)
    コメント(0)