☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2022年05月14日

『蕪村俳句集』より(蕗のとう)

                  莟とはなれもしらずよ蕗のとう

莟の芽吹きは見逃しそう。
春を待たずに莟になる。
摘み取って食することも多い。
その苦みの味は、味噌などと混ぜておかずににすると美味しい。

『蕪村俳句集』より(蕗のとう)


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『蕪村俳句集』より(遅き日)
『蕪村俳句集』より(春の入日)
『蕪村俳句集』より(陽炎)
『蕪村俳句集』より(氷)
『蕪村俳句集』より(冬木立)
『蕪村俳句集』より(雪折)
同じカテゴリー(書評)の記事
 『蕪村俳句集』より(遅き日) (2022-05-18 06:04)
 『蕪村俳句集』より(遅き日) (2022-05-17 08:42)
 『蕪村俳句集』より(春の入日) (2022-05-16 08:23)
 『蕪村俳句集』より(陽炎) (2022-05-15 09:31)
 『蕪村俳句集』より(やぶ入り) (2022-05-13 08:55)
 『蕪村俳句集』より(氷) (2022-05-12 08:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『蕪村俳句集』より(蕗のとう)
    コメント(0)