☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年01月22日

心に浮かぶ歌・句・そして詩127

独立自信
「士は独立自信を貴(たっと)ぶ。熱に依(よ)り炎に附くの念起こすべからず」

 慶応義塾の創始者福澤諭吉は、在野の人であり「独立自尊」という気概を持っていた。人に頼らず、自分の道は自分で切り開く。こういう生き方は誰もができる分けではない。志がはっきりしている人にはできる。同じ、明治の教育家である新島襄もそうした一人だ。組織にあって、自分の考えを通さず、上司に媚び、従順に従うことは処世術でもあるから一概には責められない。しかし善悪無視して、見ぬふりすることは良くない。コンプライアンス(法令遵守)の働かないようなことは、まずい。さらにまずいのは、権限を持つものが、従順を強要するように、強権をふるうことである。北朝鮮の今回の粛清は、まさにそれであって、独立自信の士は生まれて来なくなるが、亀裂ができた時、志を持った人々により、一気に大洪水に至ること必定である。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩127
    コメント(0)