☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年02月10日

「やさしいクラシック音楽会」

2月9日(日)午後2時開催。会場は榛名文化会館(エコール)
指揮者:船橋洋介
管弦楽:群馬交響楽団

1部
「ペールギュント」第一組曲「朝」より
朝のさわやかな気分が伝わってきます。
「剣士の入場」
運動会などで良く耳にします。
喜歌劇「天国と地獄」
あの文明堂のコマーシャルに使われた曲。
「ベルガマスク組曲」より「月の光」
フィギアスケートの浅田真央選手の演技の曲にも使われました。
タイスの瞑想曲
音楽会で良く演奏される曲で好きになりました。
「はげやまの一夜」
不気味な感じがする曲ですが、よく聞く曲です・
2部
「運命」
ベートーベンの交響曲。「ジャジャジャーン」という音色と言えばわかる有名な曲。群響の得意な曲らしいです。35分の演奏です。通しで生演奏で聴いたのは初めてかもしれません。




同じカテゴリー(書評)の記事画像
御堀端の風景
「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別)
芭蕉晩年の句を考える
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
同じカテゴリー(書評)の記事
 御堀端の風景 (2019-02-09 15:25)
 『落語教師』 蛭川幸茂著 (2019-02-08 16:53)
 「俳句のこころ」阿波野青畝著 角川書店 (2019-02-07 16:51)
 「宿命に生き宿命に挑む」 橋本五郎著 藤原書店 2600円(税別) (2019-02-02 17:37)
 天地人 (2019-01-21 17:36)
 俳句鑑賞 (2019-01-20 16:32)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
「やさしいクラシック音楽会」
    コメント(0)