☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2015年10月30日

心に浮かぶ歌・句・そして詩172

俳句鑑賞(8)
葛咲くや嬬恋村の字いくつ
            石田波郷
嬬恋村というのは、群馬県にあって一村は郡ほどに広い。その村を波郷は、通り過ぎていったのである。山本健吉の句評も短い。この句碑を見たことがある。その場所は、鎌原という地区で、嬬恋村にある。天明年間に起こった浅間山の大爆発で多くの人が火砕流で亡くなった場所である。友人を案内した時、彼が「いい句じゃなあ」と言ったのを覚えている。
きっと深読みなのだろうが、波郷もこの出来事を意識していたのではないだろうか。残された人たちは、協力して村を復興させたのである。葛は、たくましく焼け野原に最初に茂ったかもしれない。そんなことを連想させるのである。



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心に浮かぶ歌・句・そして詩172
    コメント(0)