☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2016年04月09日

『数学する人生』岡潔 森田真生編 新潮社 1800円(税別)



今年になって、新たに、数学者岡潔の書籍が出版された。近年、岡潔の復刻版や評伝が世に出るようになり、関心が寄せられるようになった。若い時、岡潔に惹かれた人間として嬉しい限りである。さらに、編集した森田真生は、数学科を卒業した研究者であり、岡潔没後に生まれた人である。確実に、岡潔の思想は引き継がれていくと実感した。
 春雨村塾というのがあって、末席ながら私も塾生に加えていただいている。塾生は、世に出た岡潔の著作にはほとんど目を通していると思うが、岡潔の思想が深遠であることもあり、岡潔の次女松原さおりさんを中心に互いに学んでいる。そうした塾生の中から、岡潔の思想を伝えられたらと思うが、至難の業である。個人の思い出、感想くらいは書けても、岡潔の思想を伝えることにはならない。
 岡潔が病床に伏す寸前まで、身を削るようにして学生に講義した「京都産業大学講義」のテープが残っており、年一度開催される春雨忌では、拝聴することができる。塾生や遺族の手でこの講義は、文章化されてもいる。『数学する人生』では、この講義録を聴き、活字化されたものを編者が要約したものが掲載されていることが、特筆される。
 第3章では「情緒とは何か」を本書の中心に据えている。岡潔が最も強調して止まなかった点である。編者は、30歳。さらに、岡潔の思想を、多くの人々に伝え、広めてくれるのではないかという期待がある。


同じカテゴリー(書評)の記事画像
『ギリシャ人の物語』 塩野七生著
『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別)
『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別)
『鴎外の坂』 森まゆみ 中公文庫 895円+税
『白秋愛唱歌集』藤田圭雄編 岩波文庫
『人間中野正剛』 緒方竹虎著 中央文庫
同じカテゴリー(書評)の記事
 アレキサンダーの征服領地の広さの秘密 (2018-01-04 17:23)
 アレキサンダー大王(塩野七生『ギリシア人の物語』より) (2018-01-02 15:09)
 『ギリシャ人の物語』 塩野七生著 (2017-12-23 17:02)
 下山の風景 (2017-12-16 11:30)
 『孤独のすすめ』 五木寛之 中公新書 740円(税別) (2017-12-13 12:03)
 『投資なんかおやめなさい』 荻原博子著 新潮新書 760円(税別) (2017-12-12 10:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
『数学する人生』岡潔 森田真生編 新潮社 1800円(税別)
    コメント(0)