☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年01月18日

小野田寛郎さんの死を悼む

 1月17日に小野田寛郎さんが亡くなったという報道がなされた。死因は肺炎で、91歳であった。2009年の9月、水上温泉のホテルで講演を聞き、その後控室で直接お話しする機会があった。記念写真も残っている。奥様の町枝さんを同伴されていた。二人は、夫婦であり、戦友でもあるとおっしゃっていた。講演の内容は、拙ブログの2012年8月8日に掲載した。
 小野田さんの経歴は、広く世に紹介されているが、講演の中で語られたのは、演題のとおり、「人は一人では生きられない」ということであって、30年の間ジャングルでどうして生きていたかということは、思い出したくもない辛い体験だったということである。平和の時代であっても、人を思いやる心の大切さを、小野田自然塾を主宰して子供達に伝えようとされたことは尊い。
 小野田さんの陸軍中野学校の友人で、末次一郎さんという人がいたが、日本青年奉仕協会の会長時代、ボランティアの受け入れでお話しする機会があった。最後の国士と言われ、文芸春秋などに取り上げられた人物である。戦争体験が強烈であったからだろうが、平和の時代であっても命がけの人生を生きた印象で共通している。しかし、お会いした時の、穏やかな人柄と笑顔がまた共通している。ご冥福をお祈り申し上げます。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
映画「麦秋」鑑賞
台風迷走
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 『天才を育てた女房』 (2018-02-20 20:31)
 確定申告 (2018-02-19 17:12)
 家屋点検 (2018-02-05 14:42)
 岡潔大人命四十年祭 (2018-02-03 11:57)
 晴耕雨読の家計事情 (2018-01-26 16:47)
 晴耕雨読 (2018-01-23 12:43)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
小野田寛郎さんの死を悼む
    コメント(0)