☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年04月14日

子規庵



漱石の友人でもあった、正岡子規の住まいは、上野に近い根岸にあった。当時の面影を残す家が今も残されている。漱石山房と違い、坪数は少ない。母親と妹の三人ぐらしであった。病室が書斎であった。その部屋の南面は、当時には珍しいガラス戸で、辞世の句にした糸瓜が垂れ下がっている風景も見ることができた。隣の間の南面は、縁側があり、体調の良い時は、縁側で日光浴もできたのだろう。
子規庵には、一度見学したことがある。病状六尺の部屋は、日が差し込み、意外と明るい部屋に感じた。庭もこじんまりしていて、子規がスケッチし、句にした葉鶏頭などが植えられていた。



同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
映画「関ヶ原」鑑賞
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(頬の色) (2019-02-21 12:20)
 俳句自選(外国で創った俳句) (2019-02-19 17:51)
 俳句自選(可憐な花) (2019-02-16 11:26)
 夏目漱石の俳句 (2019-02-15 15:35)
 日野草城晩年の句 (2019-02-14 17:28)
 俳句自解(花) (2019-02-13 16:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
子規庵
    コメント(0)