☆☆☆荻原悦雄のフェイスブックはこちらをクリック。旅行記、書評を書き綴っています。☆☆☆

2014年07月03日

浄化槽

別荘などもてる身分ではないが、子供が成長したら家を明け渡して、高齢者に適した「庵」を結ぼうと考えていた。昔なら隠居部屋ということだが、寝室、浴室、トイレ居間を設けて、子供に依存せず暮らせる建物だから、隣接する別荘のようなものである。ほとんど、毎日使うと思うから別荘という言い方はできないかも知れない。
一茶より風土も、建物もよっぽど恵まれているが、一茶の句を拝借して「これがまあ終の住み家か20坪」というほどの粗末な家だが、浄化槽が独立して現在のものとは、別に必要だという。人数が増えるわけではないのだから、既存のものが使用できると良いのだが、許可されないようだ。自然環境や衛生に配慮することは、近代人の義務だと考えているから、浄化槽は、必要だが目的が果たせれば、無駄な設備を造るつもりもなかろうと思うが、法律上の市の方針だという。補助金も出しているらしい。同じ宅地に、附属的な建物を建てるのなら、既存の浄化槽も使用できるというが、「積極的一人暮らし」のためには、必要な対価と考えることにした。


同じカテゴリー(日常・雑感)の記事画像
俳句自選(榛名湖夢二の碑)
雪
ミレーの絵
晴耕雨読
「秋刀魚の味」・「彼岸花」
映画『晩春』小津安二郎監督 松竹映画
同じカテゴリー(日常・雑感)の記事
 俳句自選(永き日) (2019-03-15 16:56)
 俳句自選(月の街) (2019-03-12 15:30)
 俳句自選(彫刻の春) (2019-03-10 08:48)
 俳句自選(幕末女流歌人平尾山荘) (2019-03-07 09:05)
 俳句自選(冬の川) (2019-03-04 17:11)
 俳句自選(流星) (2019-03-02 08:49)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
浄化槽
    コメント(0)